小瓶の液状プラセンタ

エテルノプラセンタドリンクなど、プラセンタの原料は主に豚と馬の胎盤というのは有名な話だと思います。それ以前には人間や牛も使われていたそうです。人間の胎盤はエイズを機に、牛は狂牛病で廃止になりました。ということで豚と馬が主流となっていますが、馬と豚を比べると馬の方が効果になる傾向があります。豚は1度の出産で複数頭産みますが、馬は一頭のみで胎盤の栄養価も高いそうです。アミノ酸は数百倍ともいわれることがあります。

では、豚のプラセンタエキスは安かろう悪かろうなのかと言えば、そういうことは全くありません。豚由来のものでも品質管理がしっかりされてるものは、かなりの効果を得られるようです。

ユンケルのような小瓶に入った液状のプラセンタドリンク、商品名はエテルノプラセンタドリンクと言いますが、これは徹底した品質管理の下、無菌豚のSPF豚を使っていますが、口コミでは効果を実感している人が多く見られます。エテルノプラセンタドリンクのように豚由来のものでも効果を実感しているとう商品は少なくないようです。